--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-08-28

朝青龍の問題

日本のニュースで横綱・朝青龍のことが毎日何かと言われてます。

あらすじは...
モンゴル出身の横綱・朝青龍が怪我を理由に夏巡業を欠席したのにそのときモンゴルに帰ってサッカーの大会に参加していた。仮病疑惑が持ち上がって、相撲協会が出場停止の処分を決定。朝青龍はショックで引きこもり状態になって、精神科医から「急性ストレス障害(解離性障害)」と診断される。治療のためにモンゴル帰国を認めるかどうかでいろいろな意見があったが、結局認められた。

こういうニュースを見て思うのは、

ずっと日本に住んでいる日本人には、環境の違う外国で生活するというのがどういうことかなかなか理解できないんだろう
ということです。

もちろん今回のことは、悪いのは彼なんだし自業自得だから、彼が処罰を受けるのは当然でしょう。
しかしそれにしても、マスコミの報道がどれもこれもあまりに救いが無いものばかりです。
彼が作った罪に対する罰以上のバッシングをしているように思えてなりません。
今回引きこもりになった件についても「また仮病」とか「精神的になっていない」とか、さらに追い討ちをかけるものばかりで、医師が病気だと言っているのに、誰も彼の精神的な病気を本気にしていないように思います。

私は「彼が精神的な病気になっても、全然不思議はないだろう」と思うし「モンゴルに帰るのはいいことだろう」と思うのですが...。

想像するに、彼の中には日本で生活するうちに今まで積もりに積もってきたものがあったのだと思います。
それが今回の件で一気に噴出してこういう状態になったのではないでしょうか?


大体、外国人が日本で生活するというのはかなりしんどいことなのです。外国生活というのもいろいろあるけれど、どの国の人にとっても日本で生活するのはかなり大変なことなのです。
電気も水道も無いアフリカの奥地で生活する、といったこととはまた違う精神的な苦労が日本の生活にはあると思います。

日本は文化が濃い国です。他の国の人には理解できない習慣とか「しきたり」というものがいろいろあります。
普通の日本社会でもそうなのに、それを煮詰めたような相撲社会で生きていくのは並大抵のことではないでしょう。
それに加えて、日本語以外の言葉がほとんど通じないときています。
よほど柔軟性があるか、精神的にタフな人でなければ適応できないと思います。
「他の外国人力士でちゃんと日本の相撲社会に適応している人もいる」と言う人もいますが、それはできる方がすごいのであって、できなくて普通だと思います。


自分は幸いオーストラリアで20年間生きてきましたが、プロフィールにも書いたように、これは「サバイバル」です。
20年間の間に周りにいた日本人は1人減り、2人減り...毎年知り合いが少なくなって、新しく知り合いができてもすぐに日本に帰ってしまって長続きしません。
オーストラリアは一応先進国(!?)で生活環境は整っているし、気候はいいし、外国語といっても英語圏だし、かなり外国人が住みやすい環境です。
それでも合わない人は合わないのです。

多くの日本人は「オーストラリアには一生は住めない」と言います。
それぞれどこか合わないところがあるようです。
食べ物、習慣や考え方、言葉、物や情報がない...など。
外国人として生活すれば、やはりネイティブの国民よりは一級下の扱いになるし、仕事も自由には選べません。
それを承知の上で、それでもなお好きになれるところがあればオーストラリアに残るのでしょうが、なかなかそういう人は多くありません。
苦労して永住権をとった人でも、何年かすると「日本に帰りたい」と言い出します。
たとえオーストラリア人と結婚していても、日本に帰る人は帰ります。子供がいても帰る人は帰ります。
住んではいても「子供(夫)さえいなかったら明日からでも日本で生活したい」と言い続けている人もいます。

はたから見ても
「もう本当に日本に帰ったほうがいいんじゃないか?」
と思えるような危ない精神状態の人もいます。
オーストラリアへ来てから怪しい宗教にはまった人もたくさんいます。
海外生活に適応力の無い人は、すぐに精神的に病んでしまいます。

朝青龍は「急性ストレス障害」だそうですが、オーストラリアには生活に適応できない「慢性ストレス障害」の日本人がたくさんいます。

オーストラリアは「文化が薄い国」です。
まだできてから歴史の浅い国なので、土着のしきたりというものがあまり無く、よそ者が入りやすい環境です。(そのかわり面白みは無い国ですが)
そういう点でもオーストラリアは外国人が住みやすい国です。
それでも適応できない人の方が多いのだから、文化が濃い日本に本当に適応できる外国人というのはほんの一握りだと思います。
日本の昔ながらの習慣や日本人の特殊な考え方をすべて理解して生活するというのは、外国人にとって簡単なことではありません。

それは自分にとっても簡単なことではないと思うので、今のところ日本に帰って生活するつもりはありません。
...というか、ただオーストラリアの生活に満足しているのでずっとここにいたいと思います。(いろいろ文句は言うけれど)


朝青龍のニュースを読んで、あれこれいろいろ考えました。

朝青龍はどうやらモンゴルに帰ることになりそうですが、もしかすると日本にもう帰ってこないかな...?という気もします。
それか帰っても、もう相撲の世界には戻らないとか...?
でもそれならそれでいいのではないか、と思います。
別に人生相撲だけじゃないし、住む国は日本でなくてもいいのだから。
精神病になってまで無理していることはないでしょう。
モンゴルの草原で牛や羊を追って余生を送るのもいいのではないでしょうか?





スポンサーサイト

2007-08-26

だんだん暖かくなっています

だいぶ暖かくなりました。
日中は半袖でもOK.
オージーはすでにタンクトップの人もいます。
いくらなんでもそれは寒いでしょう、と思うけど。

オーストラリアは様々な人種が住んでいて、それぞれ体感温度が違うから、人によって着るものがばらばらです。
今頃はちょうど、タンクトップの人と厚手のロングコートを着た人が同時にいたりする季節です。

「今日は何を着るべきか?」で朝考えこんでしまう季節でもあります。
「やっぱりこれは暑いかな?」
「でもこれは寒いかな?」
と、朝から何度も着替えなおして、今日は遅刻しそうになりました。(私は日曜日も働いている)

夜でもヒーターがいらないようになりました。
短いシドニーの冬でした。
年間2ヶ月くらいしか使わないのに、それでもヒーターがいるというのは、とてももったいない気がします。

ヒーター

そろそろ片付けよう。




北半球はまだ暑いんでしょうか?
残暑お見舞い申し上げます。


2007-08-21

文房具の買出しは大仕事

"Officeworks"に行ってきました。
オーストラリア最大の文房具チェーン店です。
こういう店があると有難い。
...というか、これがないと生きていけない!

そもそもオーストラリアには「文房具屋」というものが他にほとんどありません。文房具を買うことができるのは「News Agency」という新聞雑誌を売る店の一部のコーナーか、郵便局(Post office)、それかスーパーマーケットの文房具コーナーです。
でもどこも文房具を専門に扱っているわけではなくて「ついでに売っている」という感じなので、売り場は狭いし最低限のものしか置いていません。

オーストラリアは相変わらず物が無い国です。
文房具も種類が少なくてあまり選べません。
好きなものを選ぶ以前に必要なものを手に入れるだけで至難の業です。

ポストオフィスやスーパーで手に入らないものをまとめて買おうと、はるばるバスに乗ってOfficeworksにやってきました。
Officeworksはシティのウインヤードにもあるけれど、家具類が豊富な郊外の店に行きました。

オフィスワークス

オフィスワークス店内


大きな倉庫のような店内にありとあらゆる文房具やオフィス用品、OA機器やオフィス家具もあります。

文房具

オフィス家具


「ここならあるだろう」と期待していたのにやっぱり無いものもずいぶんありました。
ホッチキスの針がちょうど欲しい大きさのだけ切れているとか、ラベルの黄色はあるけど白がないとか...。
ここまで来て無かったら、もうあきらめるしかないという感じです。

ペン、封筒、便箋、ファイルなどの小物のほかにテーブルや脚立などの大物も買って、タクシーでまとめて運びました。

本当に大仕事でした。
文房具買うだけでどうしてこんなに疲れるんでしょう?

2007-08-18

外国人に何歳に見られますか?

とてもショックなことがありました。

先日友人の日本人の男(30歳)といっしょにいたら、オーストラリア人(白人)に「彼はあなたの息子か?」と聞かれて倒れそうになりました。

「息子」って...!?
その日本人男は確かに30歳には見えないガキっぽい風体だけど、でもいくら何でも息子はないでしょう...(泣)

そこで私の年だけど、プロフィールの「オーストラリア在住暦20年」から想像できると思うけど、それなりの年です。
はっきり言いましょう。40代半ばです。
まだはっきりしない?
では言います。45歳です。
30歳の息子がいる年ではありません。
ありえないことではないけれど...。

(最近、自己暴露に快感を感じるNotenkiです。ストレスが溜まっているのかもしれません。)

では私が日ごろからオーストラリア人から老けて見られるのか?というと全然そんなことはなくて、
全く逆です。
(あえて強調)

一般的にアジア人は若く見られがちですが、私の場合それに輪をかけたようにというか、極端に若く見られるのが常でした。
エピソードには事欠かないのですが...

エピソード、その1
オーストラリアに来たばかりの頃、あるオージーの男に「いっしょに映画に行こう」と誘われた。その友達もいっしょに来て3人で映画館へ。3人分まとめてチケットを買うというので彼にお金を渡したら、チケットを買った後でアイスクリームを人数分とポップコーンを買ってくれた。
「気前がいい人だな」と思ってお礼を言ったら、その彼いわく
「チケットを買うときに窓口で”あの女の子は11歳だ”といったら信用して子供料金にしてくれたから、余ったお金で買ったんだよ。」
...私は25歳だった。

エピソード、その2
スキューバーダイビングのスクールに申し込んで、すでにレッスンを始めかけていたのに、なぜかよくわからない理由で解約させられた。
あとでわかったことだけど、インストラクターが私を子供(10歳くらい)だと思って、危険だから止めさせたほうがいいと判断したためだった。
...このときも私は25歳だった。
(申込書の年齢を確認してほしかった!!)

エピソード、その3
ある店でクレジットカードで服を買ったら、店長が出てきて
「このカードはあなたのお父さんかお母さんのでしょう。正直に言いなさい。」
と説教された。
...私は35歳だった。

エピソード、その4
仕事である契約書にサインをしようとしたら、
「え、あなた本人が?」
と慌てられた。
私はただ使いできていている娘だと思われていた。
...つい最近、45歳になってからのことです。

もっとあるけど、これくらいにしておきましょう。

とにかく極端に若く見られる...というか、ただ子供に間違われているだけという話も。
仕方がないでしょう。
なにしろ身長148cmだから。
オーストラリアでは小学校低学年。まず成人に見られないのが当然です。

(今回は具体的な数字を2つも公開してしまった。年齢と身長!)

「若く見られてうらやましい」
という人もいますが、それはたとえば35歳のところを25歳に見られるという場合であって、10歳に見られても嬉しくもなんともありません。この場合はただの「勘違い」です。


それでともかく...
私の場合、オーストラリア人(白人)から極端に若くみられるかその逆か、両極端になってしまうのです。
男性に対して「とっつぁん坊や」という表現がありますが、自分はもしかするとその女性版かもしれません。
女性の場合、何て言うんでしょう?「ぶりっ子おばさん」とか???

少し前までは「極端に若く見られる」だけだったのに、ここ数年はその逆が出てきて「両極端」になっているのです。
これは最近マジで老けてきたからかもしれないし(怖!)態度がでかくなったせいもあるでしょう。(すごく自覚しています。)

オーストラリア人(白人)にとって、私は得体の知れない年齢不詳、正体不明のエイリアンのような生き物なのかもしれません。
私を見たオーストラリア人はきっと...
「小さいからきっと子供なんだ」
「でも顔をよく見るとなんだか違うような...」
「ということは、案外すごく年取ってたりするのかも」
と、オーストラリア人なりに考えて(というか混乱して)判断がつかなくなってしまうのかもしれません。

確かに人種の違う外国人の年を当てるのは難しいです。
私もオーストラリア人(白人)に対して、絶対に50歳以上だと思っていた人が35歳とわかったりと、大勘違いをしているからお互い様だし。

ということで、皆さんは外国人に何歳に見られますか?
年相応に見られますか?
その国や人種によって違うと思いますが、どうでしょう?



2007-08-05

どこまでカミングアウト?

新しいブログを始めたものの、まだスタート地点にいます。

Notenkiとは何者か?
ということをどこまで公開するか?

どこまでカミングアウトするか?でこれから書く内容がだいぶ違ってきます。

そのへんをどうしたものか....?と考えているうちに、これを一つのネタにしようということになりました。


今までのブログでは、自分が女であることとシドニーに長く住んでいること以外、プロフィールも私生活もほとんど何も公開していませんでした。
別にブログを書くのに絶対に必要なことでもないだろうし、読者の方も内容を読むうちにだいたいのことはわかってくるだろう、と思っていました。

でも私生活についてあえて触れないように書いていたので、なんだか歯切れの悪いブログになってしまいました。
「私生活を排除しながらシドニー生活を書く」という矛盾したことをやっていたわけで、書きながら自分でもとても窮屈な思いをしていました。

皆さんにシドニーの生活を知ってもらいたい...でも私生活はできるだけ公開したくなかったのです。
不特定多数の人々が読むブログに私生活を公開するのは怖いですから...。

本当にありのままの自分の日常生活のことを書くと、シドニーに住んでいる人にはNotenkiが誰であるか簡単に特定できてしまうでしょう。
本名、住所、職場、その他の個人情報がすべてわかってしまいます。

海外にお住まいの方にはおわかりいただけると思いますが、海外の日本人社会はとても狭いです。
国や地域によって差はあると思いますが、シドニーの場合、日本人同士で
「xxさんって知ってる?」
というと
「知ってる!」
という答えが返ってくる可能性がかなり高いです。
日本人同士、直接は知り合いでなくても、知り合いの知り合い...のような形でどこかで繋がっているのです。
別にどっぷり日本人社会に浸かっていなくても、日本人の知り合いが数人いれば、それだけで有名(?)になれてしまうものです。

私は別にやましいことをしているわけではありませんが、世の中どんな人がいるかわかりません。
前のブログで立て続けに変なコメントが入ってつくづく思ったことでした。
ブログの中だけなら、変なコメントを入れる人がいても削除すれば済むことです。でもこれが実生活に持ち込まれるとどうなるか?と思うと恐ろしいのです。

物理的に身の危険を感じるというのもありますが、自分の場合、世間に露出度の高い仕事をしているので、下手をするとビジネス、さらには生活に直接影響が出てくるかもしれないので、どうしても慎重にならざるをえないのです。

「そんなに心配なら公開ブログなんかやらなければいい」
ということになりますが、そこを何とかしたいから悩むわけで...。

「私生活丸ごと公開」は無理にしても、あまりにも隠しすぎても書くことが制限されすぎてブログが成り立たなくなってしまうし、書き手の素性が不明だと読むほうも興味が持てなかったりとまどったりするだろうから、前よりはほんのもう少しNotenkiの正体を明かしてブログを続けたいと思います。

そんなわけで、手始めにプロフィールで前よりすこ~し多めにカミングアウトしました。

シドニー生活20年です。
今年20歳のNotenkiです。(嘘!)






Notenkiのプロフィール
南半球の果て、オーストラリアのシドニーでサバイバル暦20年。 毎日怒ったり笑ったりしながらも脳天気に暮らしています。 一応♀で独身です。(だから?)

Notenki

Author:Notenki
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。