--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-10-28

NOVA破綻

日本一の大手英語学校NOVAが破綻しました。

日本のオーストラリア大使館が、失業したオーストラリア人の救済に乗り出すそうです。帰国する際の航空運賃の割引までするとか。
一社の倒産で大使館がこんなことをする例は今までなかったそうです。
それくらい大量の失業者があふれているということでしょう。

NOVA騒動で散々な目にあって帰国するオージーが増えそうです。
なんでもここ2ヶ月くらい給料が支払われてなかったとか。
気の毒なことだと思います。

でもこれを機会にオーストラリア人(その他英語圏の人)が「英語教師になりさえすれば、日本語が話せなくても日本で楽に暮らせる」という考えから一歩前進してもいいのではないか?と思います。
言葉が違う国で働いて暮らすというのは、普通楽なことではないんですから。
たまたま母国語が英語だったおかげで、彼らはかなり得をしている部分があるはずです。それをわかってほしいです。

特に若いワーキングホリデーは、英語教師の職がなくなったら帰国とか、日本行きをあきらめるのではなくて、もっと苦労して違う職業を探してみてもいいのではないか?と思います。それも経験でしょう。

たとえば非英語圏の人々(中国、南米など)のように、工場や工事現場で働いてみてはどうでしょう?
そういう職場は人手不足で、外国人労働者大歓迎だそうです。(その手の職場で働く人から聞いた話)

そういう職場の環境は、英語学校とはかなり違うでしょう。
仕事はきついし、日本人と比べると待遇が悪かったり、時には見下されたり、言葉の壁でつらい思いをすることもあるかもしれません。
でも「外国で働く」というのは普通そういうことなのです。
言葉が違う国にきて、いきなり経験も無いのに「教師」という職業について尊敬を受けるというのは、普通のことではありません。

「英語を話さない人間はバカだ」という態度のオーストラリア人(アメリカ人、イギリス人、その他)がいるけれど、それは自分が言葉で苦労したことがないからでしょう。イングリッシュ・スピーカーは、世界中どこへ行っても言葉で苦労する確率が低いからそうなってしまうのでしょう。
「言葉が通じない国で働いたり生活するのがどんなに大変か」というのを英語圏の人々が本当に理解すれば、もっといい世の中になると思います。
だからこの際、NOVA騒動に巻き込まれた人々はお気の毒だけど、あとほんの少し苦労してから帰国してほしいです。
そして帰国してから苦労をいい方向に生かしてほしいです。


スポンサーサイト

2007-10-24

ドアノブ故障。解決までの道のり

<発端>

2ヶ月前のある朝、我が家のベッドルームの一つの内側から激しいノックの音が...。
「助けて、出られない...」

なぜか内側からドアが開かず、フラットメイトが部屋に閉じ込められていたのです。
外からはドアを開けることができたけど、ドアノブのどこかが壊れていて、内側から開けられない。
もう一度ドアを閉めて実験したけれど、やはり外から開けることはできても中から開けることができない。

「不動産屋に連絡して直してもらうから、しばらくドアを閉めないでね。」
と言って、そして...
これが長いドラマの始まりでした。


<解決までの道のり>

1.不動産屋に電話。担当者と話をする。「フラットのオーナーに連絡する」ということ。

2.1週間たっても何の返事もない。また電話して催促。担当者のアシスタントに事情を伝える。

3.問題発生から2週間後、担当者から電話。「こういう件は文書で書かないと解決できない。文書を送れ」とのこと。(それなら最初からそう言え!...その1)

4.事情を説明したEメールを送る。しかしそれから1週間返信なし。

5.どうなっているのか?とEメールと電話で催促。電話に出たアシスタントが「担当に伝える」とのこと。

6.担当からEメール。「あなたの言っていることは意味をなしていない。理解できない。」という内容。でも何も説明なし。「どういう点が理解できないのか具体的に言って欲しい。」と返信。

7.担当者からメール。「ドアが内側から開けられないといのはありえない。なぜなら、そんなことになったら、ドアの内側の人はどうやって外に出るのか?」という内容...。だ、か、ら...「だから、他の人が外から開けて救助しなければならないのだ!!!」と返信。(バカか、本当に!)

8.すでに問題発生から1ヶ月。また電話で催促。担当者と話す。また「文書が必要だ。」という。「もう文書はメールで送った(怒)」というと、「専用のフォームに記入しなければならない」と言う。(それなら最初からそう言え!...その2)「フォームを送ってくれ」というと「オフィスに来て書いてくれ」という。向こうが忙しくて時間が取れないというので、約束は2週間後!!!(怒、怒、震、、、、、)

9.めちゃくちゃ忙しいのに時間を作って、約束の日に不動産屋のオフィスへ行く。すると担当者がいない。アシスタントが出てきて「担当は急用ができたから自分が代わりに聞きましょう」...アシスタントで用が足りるなら、何も2週間も待つことはなかったわけでしょう!?(怒、怒、怒)

10.とりあえずアシスタントに事情を説明。専用フォームに記入。するとアシスタントは「こういう場合はドアノブの写真が必要なんだけど...」(それなら最初からそう言え!...その3)怒りでぶち切れて、今までにどれだけ時間がかかっているか、どれだけ不都合を強いられているかをぶちまける。「部屋から出られなくて急病になったり火事になったら命にかかわる問題である、もしそうなったら訴える。放置していていいのか?」と脅しをかける。「でも写真が...」というので「ドアノブの見かけは同じで、ただ機能に問題があるだけだから写真は意味が無い。」と言う。するとやっと「それならオーナーに伝えます。」という展開に。(疲れた...)

11.オーナーが修理業者を手配したら連絡が来るという話だったが、何の連絡もなし。こちらも力尽きてこれ以上のアクションを起こす気がせず放置。

12.問題発生から2ヵ月後。もう忘れかけていたある日の朝6時45分、突然携帯が鳴って飛び起きると「今からドアノブを直しに行く」と修理屋から。なんでまたこんな早朝に...。でもこれを逃すと次はいつ来るかわからないから、とりあえず来るように頼む。そして気の毒なフラットメイトをたたき起こす。

13.朝7時に修理屋到着。あれこれ道具を使ってドアノブを外から内から修理している様子。5分後に「できたよ」というので試してみたら、本当に完全に治っていた。

2ヶ月間のドラマは最後に5分で解決しました。
めでたしめでたし。(涙)

<完>



2007-10-22

確定申告ができました。そして次は...

前回に引き続き、税金の話です。
地味な話題ですみません。
生活が地味なんです。

確定申告の情報がやっとまとまって、今日会計士に提出しました。
本当に大仕事でした。
やれやれ...。

でも私はかなり細かいところまで自分でまとめているから、いつも会計士からは褒められてます。
だって大切なお金のことをすべて他人任せにはできないから。
会計士にしたって、信用できる人とそうで無い人がいるし、やっぱり自分のお金のことはできるだけ自分で把握しておきたい。
(要するに貧乏性ってこと)
中には、一年分のレシートを詰め込んだ靴箱をそのまま会計士に「経費はこれだよ」と言って渡す人もいると聞きましたが...!?

今仕事を頼んでいる会計士はたぶんOKだと思います。ベストかどうかはわからないけれど、とりあえず納得のいく仕事をしてくれてます。

数年前に頼んだ会計士はひどかった...。
一見親切そうに見えたけど、これがとんでもない!
リターンの金額が考えていたのと一桁も違うから、目が点になってしまいました。
「これはいくら何でもあり得ない」と抗議しても、「あなたが税金の制度をよく知らないからですよ。」といって、それでいて具体的な説明は何もなし。
税務局に提出する書類を隅々まで点検したら、抜けている情報が山ほど出てきて、しかも単純なタイプミス(一桁違いの打ち間違えなど)も山ほど出てきてあきれ返りました。
一つ一つの間違いを指摘して追求したけれど、ついに何の返事も無し。
どうも学生アルバイトか何かを使っているようで、本人は何もわかっていないようでした。
もちろんこんないんちき会計士は切り捨てました。

...こういう経験があるから、どんなに苦労してもできるだけ細かいところまで自分でまとめようと思っています。税務局のホームページも、できるだけ目を通して知識を増やそうと思っています。(しかしすごい情報量です。読んでも読んでも追いつかない!)
それでいつでも「忙しい、忙しい!」と言って、あたふたしているのですが...。

確定申告が終わって一息、の間もなく、次はGST(消費税)の申告期限が迫っています。
これは全員がするものではなくて、ビジネス登録している個人か法人だけなんだけど、私は登録しているからしなければなりません。
普通は3ヶ月に1回の申告です。
本当にやることが多いです。

オーストラリアでは「個人ビジネスの15%は税金関係のペーパーワークができなくて潰れる」そうです。
すごくわかります。
このやっかいな税制を理解するのは並大抵のことではないし、どんなビジネスでも収支の記録を取るだけでかなりの仕事量になるでしょう。
自分だって少し手を抜いたらその15%の中に入ってしまいそうで、いつも崖っぷちにいる気分です。

これからGSTの書類を書かないと...。
毎日が戦いです。
「私の人生は税金との戦いかも?」と思ってしまうようなこのごろです。


2007-10-19

所得申告の期限がもうすぐ

いつも「忙しい!」と叫んでいる私ですが、特に最近は「本当に忙しい」「本気で忙しい」「死ぬほど忙しい」のです。

2007年6月末までの所得申告の期限が10月末まで

なので。

こちらでは「タックスリターン」と言いますが「リターン」で無い場合はなんと言うのか、今でもよくわかっていません。
逆に払う場合はなんと言うのか?

会計士を通せば期限からすこーし遅れても大丈夫とはいえ、やっぱり遅れないに越したことは無い。それにこのあともっと忙しくなりそうだし、いずれは終わらせなければならないものだから。

用意周到な人は、日ごろからすべての記録をきちっと用意しいて、6月30日が過ぎるとすぐに申告できるのでしょう。
しかし私は毎年土壇場になってのた打ち回っています。
つくづく学習能力が無いと自分で思うのですが...。

しかし本当にこれはややこしい。
私はまた少しやっかいな商売をしているせいで、輪をかけてややこしい。
こんなややこしいことを、オーストラリア人すべてが理解しているとは到底思えない。

ほとんど頭から湯気が出ています。
少しクールダウンするために、今こうしてブログをやっているという状態です。




2007-10-11

歯医者に行ってきました

久しぶりに歯医者に行ってきました。
知人に「いい歯医者はいない?」と聞いて行ってきたけど、なかなか良さそうです。
オーストアリア人だけど、苗字がなんとなくギリシャ人ぽいから、出身はギリシャかもしれない。ギリシャ人が多い地域だし。
歯のことについていろいろ丁寧に説明してくれたし、できるだけ費用がかからない治療についても説明してくれました。

もう1年ほど前に、評判がいい(という話の)日本人の歯医者に行ってチェックアップしてもらったら、なんと治療代が3000ドル(30万円)という見積もりだったので、びびってそのままにしていました。
それで、今回オーストラリア人(ギリシャ人?)の歯医者に行ったら、治療費の見積もりは合計で1000ドル以下。
しかも1年間放置して、さらに治療箇所が増えてしまったというのに、前と比べて3分の1以下の費用。

この違いは何なんだ!!!
...と、叫びたくなってしまいまいた。
しかも、X-Ray(X線撮影)が「バルク・ビリング」でできるとは、本当に驚きでした。

「バルク・ビリング」というのは、「メディケア」という国民健康保険のようなものです。
オーストラリアでは歯科の治療にはほとんど適応されません。
だから、歯の治療にはすごい費用がかかります。
プライベートの保険に加入すれば歯科の治療もカバーされるけど、そういう保険は保険料が高いし、すべての治療に適応されるとは限らないから、得になるとは限りません。
日本人は、歯の治療のためにわざわざ帰国する人もいるくらいです。

その「バルク・ビリング」が歯医者でできないのは承知だったけど、X-Rayにできるとは盲点でした。
今までそんなところはなかった...。
X-Rayだけで100ドルもかかるから、これだけで相当節約できました。

オーストラリアに来てから、歯医者にはずいぶん泣かされました。
ぼったくりの歯医者にばかりあたって、何千ドルもしぼりとられました。
今の私が貧乏なのは、歯医者のせいといってもいいくらいです。

今まで、たまにいい歯医者にあたると、なぜか引退してしまったり、遠くへ引っ越してしまったりということが続いていました。
今度の歯医者は長く続けてくれるといいな、と願っています。





2007-10-03

夏物の衣類買出し

近頃忙しいから、少しでも時間があったら「それ今だ!」と言う感じで買い物をしてます。
最優先は食べ物。これはいくら忙しくても買わなかったら生きていけません。料理する時間がないときはテイクアウェイ(持ち帰り)で済ませています。でも塩分や糖分が多いせいか、続くとあまり体調が良くない。

そしてもう少し時間があったら、衣類を買います。
でもこういうショッピングをする時間は滅多にない。
それで、季節の変わり目に来て「明日着ていく服がない!」
とあわてることになるのです...。

今がまさにそういう時期。
気が付いたら夏物がない!

今日、いよいよ覚悟を決めて服を買いました。
とにかく時間がないから「ここで絶対に買う」と決めた店で着られるものなら何でも買おうと決心して臨みました。

いやー、無いものです。
「多少趣味が悪くても、サイズが合ってなくてもいいから、とにかく着られるものを買おう。」
と思っていたけど、それでも許容範囲のものがないんですね...。

一番困るのは、最近の服は2アイテム以上を組み合わせて着るのが多いということ。
「これを買いたいけど、それに合わせるタンクトップが無い」
とか
「これを着るにはxxとxxも買わなければ着られない」
とか、考えて探しているうちに気が狂いそうになって、やけくそでトップを4点買ったけど、あとで冷静になったら

「なんでこんなもの買ったんだろう?」

だけど、とりあえず明日着るものは確保できたから、目標は達成したということで、よしとしましょう...。

この「組み合わせて着る」という着方って、どうにかしてほしいです。
夏の暑い日にTシャツ2枚重ねて着るのは嫌になるし。
こういう着方って、日本でも流行っているんでしょうか?
とにかくこれはオーストラリア向きではありません。
「xxはあってもxxが無いから組み合わせができない」
ということになるから。

こんな具合なので、私はショッピングが嫌いです。
普通女性は服を買うショッピングを楽しんでいると思いますが、私にとってはほとんど義務です。
本当に面倒くさい!!!

2007-10-02

時津風部屋の力士の死

別にすごい相撲ファンというわけでもないけど、なんだか相撲の記事が続いてしまいました。
日本の国技とされる相撲だから、外国にいるとやはり注目したくなるもので。


その国技とされる相撲でけいこ中に死者が出たとはただ事ではありません。
しかも親方がビール瓶で殴ったとか、兄弟子が金属バットで殴ったとか...。
その上遺族の許可をとらずに火葬にしようとして証拠隠滅をはかったとか、もうあきれるばかりです。


朝青龍の問題のときに、横綱の品格とか「品格」という言葉がずいぶん使われたから、相撲の世界というのはそんなにお上品なのかと思ったら、ビール瓶や金属バットが登場するなんて。。。これでも「品格」と言い続けるんでしょうか?

相撲協会は親方を解雇することに決定したらしいけど、これはたぶん「下手をすると殺人罪になるかもしれない」という予測のもとに決定したのでしょう。早めに相撲協会と無関係にしておこうと。


でも、もうイメージダウンは免れないでしょう。
昔は子供が言うことをきかないと「サーカスにつれていかれるよ」なんて言ってたそうだけど、これからは「相撲部屋に入れるよ」と言うんでしょうか?



ところで...
シドニーにはこんな店があります。
「SUMO SALAD」
サラダやラップなどのヘルシー食品専門のテイクアウェイショップです。フランチャイズ店で、シドニーでは最近いろいろなところに増殖しています。
相撲取りがサラダボールをかかえているロゴが目印です。別に日本人経営というわけではなさそうで、メニューにも和風のものはありません。
どうして「SUMO SALAD」なのかわからないけど、たぶん健康的なサラダと相撲取りのイメージが全く逆でインパクトが強いから、こういうネーミングになったのかと想像しています。


オーストラリアでも「SUMO」は多くの人々に知られて愛されています。
ルールが単純でわかりやすく、太った大男がぶつかりあうのがユーモラス、というイメージでとらえられています。
恒例のオーストラリア巡業には多くの相撲ファンが訪れます。


SUMOはオーストラリアでもこんなに愛されているから、そのうちオージー力士が出るのではないかと言われています。
せっかく世界に浸透しようとしている相撲なんだから、今のうちに体質を改善しておかないと...。
まあ、オージーの弟子なら、しごきで殺される前に逃げ出すか訴えるでしょうが。


 

SALAD
SUMO SALAD


SUMO SALADAのサラダ。
たった2口分くらいで$5(約500円)は高い!
Notenkiのプロフィール
南半球の果て、オーストラリアのシドニーでサバイバル暦20年。 毎日怒ったり笑ったりしながらも脳天気に暮らしています。 一応♀で独身です。(だから?)

Notenki

Author:Notenki
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。