--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-11-25

オーストラリア政権交代、あの昔の労働党が復活

オーストラリア総選挙。
結果は野党労働党の勝利でした。
与党の自由・国民保守連合は敗北。首相はジョン・ハワードから、労働党党首のケビン・ラッド氏に。

労働党の政権奪回は実に11年ぶり、ということですが、もう11年か......と、しみじみ思ったりします。

私がオーストラリアに来てからしばらくは労働党政権でした。
労働党政権の世の中 = オーストラリア、でした。
労働者が作った政党だけあって、労働者階級にやさしく上流階級に厳しく、雇用者にやさしく企業に厳しく...庶民の味方のような政党でした。(一見すると)

実際その当時のオーストラリアは労働者天国でした。
でも「これでいいんだろうか?」と疑問を感じる点はずいぶんありました。

例えば当時のオーストラリアは、
1.土曜日と日曜日はほとんどの店が休み
2.公共の交通機関の運行時間が9時から5時までの路線がたくさんあった。(9時から5時の仕事だとその路線のバス・電車に乗れない)
3.何かと言うとストライキばかりで全然仕事が進まない。
4.会社でマネージャークラスになると税金が高くなるので、昇進を拒否する人が多かった。
5.普通に働いている人よりも失業手当をもらっている人の方がいい暮らしをしていた。

労働者は皆「定時以外は死んでも働くものか」という感じでした。(今もそうだけど、昔はもっとすごかった)
管理職になっても得することは何もなく、ただ高い税金を払うだけ。下手をすると手取りが減ってしまうことさえありました。
子供の将来にしても「手に職をつけて労働者になれば万事OK」という雰囲気だったから、今ほど教育に熱心ではなく「超ゆとり教育」だったように思います。(今も「ゆとり」だけど、昔はもっとすごかった)

労働党政権の世の中は、極端に言うと「働くのは損、怠けているほうが得」という世の中でした。

労働者の権利が守られてゆとりのある生活ができるのはいいけれど、オーストラリア人に向上心がないし、国が発展しないから、どうなんだろう...?
...と思っていました。


そう思っていたら労働党政権は終わって、自由・国民党の世の中になりました。首相はジョン・ハワード。

それからオーストラリアは、今までのオーストラリアからずいぶん変わりました。
オーストラリア人はかなりよく働くようになりました。
子供もよく勉強するようになりました。
過労死が問題になるような日本とは比べ物になりませんが、あの昔のオーストラリアから比べると別の国になったようです。
オーストラリアは発展して、すこーし先進国に近づいてきたような感じになりました。

でもその一方でオーストラリアはだんだん世知辛い国になってきました。
最近の物価高は異常です。
こんな大きな国でなぜ「食料」と「不動産」がこんなに高いのでしょう?
全然外食をしなくても、食費をきりつめないとやっていけません。
シドニーのオフィス街のランチは、フードコートでも普通1000円くらいです。
シドニーで生活しようとすると、収入の半分が家賃になってしまいます。
普通にまじめに働いていても、この大きい国で家を買うことができません。

絶対にどこか変です。

みんなよく働くと言っても、何かに追いまくられて働いているような感じです。
「これだけ働いて、果たして見返りがあるんだろうか...?」
と、みんな感じ始めていたと思います。
ジョン・ハワードの異常な親米政策もかなり疑問だったし、そろそろ新しい政権に交代してもいいかな、という頃合だったように思います。

さて。
また労働党に戻ったわけですが、これでまた「怠け者のオーストラリア」に戻ってしまうのだけはやめてほしいです。
今オーストラリアは好景気で一種のバブルと言われていますが、もしかするとこの政権交代でバブルが崩壊するのではないか、という恐れもあります。

労働党に期待することは「せっかくやる気になっているオーストラリアに水を差すようなことだけはしないでほしい。」ということです。
バブルをはじかないように、緩やかに世の中をいい方向に持っていってほしいです。
それと、とにかく物価高をなんとかしてほしいです。切実に。





スポンサーサイト

2007-11-19

クリスマスのお知らせ

ある会社からのお知らせ。

「11月と12月はクリスマスホリデーで会社が休みになります。注文はクリスマス後にお願いします。」


これはギフト用の包装紙やリボンを売っている会社です。
クリスマスが一番の書き入れ時なのに......。

オーストラリアの会社って...!?

2007-11-10

今ひとつのマンゴー(缶詰)

食べたけどいまひとつだったもの。

マンゴーの缶詰
マンゴーの缶詰 (タイ製)



マンゴーが出回り始めたけど、まだちょっと高いかな?と思っていたら、缶詰があったから買ってみました。
でもなんだか、ぶよぶよしていて、マンゴーらしい香りも今ひとつ。
まずくは無いけれど、やっぱり生のマンゴーにはほど遠い感じでした。

でも、これで「マンゴープリン」なんかを作るといいのかも。
それと、シーズンオフにどうしてもマンゴーが食べたい時とか。




2007-11-05

自分にご褒美、日本食

確定申告は終わったし、GST(消費税)の申告も終わったし、フラットのドアノブも直ったし、なくした鍵も出てきたし......このところ、襲い掛かってくる困難が一つ一つ解決されています。
ブログに書いていない仕事上の困難も、すったもんだの末、どれもなんとか解決されました。
努力と幸運によって。
今なんだかそういう時期のようです。
はぁ~、よかった。
気持ちがいい!

そこで自分に何かご褒美をしようと思って、日本食の大量買いをしました。

日本食

いっぺんに$100(1万円)以上も買ってしまいました!
「まるゆう」のエコバッグを5つももらってしまいました!(注:シドニー在住の方ならご存知でしょう。あのエコバッグ、なかなかいいですね。)

よく見ると麺類が多かったりして、生活レベルがあらわれている。しかも韓国のラーメンも混ざっている。(ただ麺類が好きなんですが。)

日本にいれば何のことは無い普通の食料品だけど、ここはシドニーだから、こんなものでも贅沢な気分になれるんです。
ただの「キューピーマヨネーズ」でサラダを食べるだけで、ただのふりかけご飯を食べるだけで、すご~くリッチな気分になれるんです。
ちょっと便利!?


今回はただ解決するべきことが解決できただけなんで「ちょっぴりご褒美」です。もっと大成功した暁には、食料品ではなくて、もう少しマシな高級品(服とかジュエリー)とか旅行を自分にあげたいな、と思ってます。

2007-11-03

鍵の紛失から解決まで

鍵をなくしてしまいました。
家の鍵ではなくて、ビジネス用の職場のフロントドアの鍵。
ドアの前まで行って、ショルダーバッグのポケットを探ると...
「ない」

まさかと思って、物陰に隠れてバッグの中のものをすべて出してひっくり返してみたけど、やっぱり
「ない」

本当に
ガーン
という文字が頭上に現れました。

少し冷静になって考えたら、バックドアの鍵を持っていたので、裏口から入ることはできました。
でもフロントドアが...。

フロントドアの鍵は、合鍵を作っていませんでした。
作らないと、作らないと、作らないと...と思いながら、半年経ってしまったのでした。
私がバカでした。

このままずっと裏口からだけ出入りするわけにはいかないし、ここを引き払うときにはいずれ鍵を渡さなければならない。というか、契約では半年前に合鍵を不動産屋に渡さなければならなかったのだけど、向こうも忘れているようなので放置していました。
裏口を使えるし、盗まれた可能性は低いから緊急ではないけれど、でもどうしよう。。。。

フロントドアのロックを付け替えなければならない。
そうすると、最低300ドル(3万円)はかかってしまう...。
これは痛い...!

この3日間ほど、ブログも手に付かず、仕事も上の空でした。
頭の中は「鍵」「鍵」「鍵」ばかりです。

落とした可能性のある場所(歯医者、店、バスストップなど)に行って確認したり、自宅フラットの管理人に連絡したり、ありとあらゆることをしました。一番可能性が高いのは自宅のフラットの前だと思ったので(家の鍵をバッグから出そうとして落とした?)フラットの管理人には特に「見つかったら知らせて欲しい」としつこく頼んでおきました。
自宅でも服のポケットやら、別のバッグやら、そのほか部屋のあちらこちらを探しまくったけどありません。

「鍵さえあれば、今の私には何もいらない」
という気持ちでした。
就寝中めったに夢を見ないのに、鍵の夢を見てうなされました。



そして昨晩、料理をしようと冷蔵庫を開けてネギを取り出したら
「チャラーン」と何かが床に落ちました。

それは

でした!

なぜネギの中から鍵!?
なぜ冷蔵庫の中から鍵!?
謎です。

可能性を考えてみました。
最後に鍵を閉めた日、仕事帰りに食料品店でネギを買ったのですが、そのときにバッグから小銭を取り出そうそして財布といっしょに鍵をくっつけて出してしまって、ネギの袋を受け取ったときにそこに落としてそのまま持って帰って冷蔵庫に入れてしまった...ということでしょう。おそらく。

しかし出てきてよかった...。
これは「今するべきことを明日に延ばしてはいけない」
という教訓でしょう。
神が私に試練を与えて警告したのでしょう...などといきなり神様まで登場させて考えてしまいました。

早速合鍵を作りに行きます!






Notenkiのプロフィール
南半球の果て、オーストラリアのシドニーでサバイバル暦20年。 毎日怒ったり笑ったりしながらも脳天気に暮らしています。 一応♀で独身です。(だから?)

Author:Notenki
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。