--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-11-03

鍵の紛失から解決まで

鍵をなくしてしまいました。
家の鍵ではなくて、ビジネス用の職場のフロントドアの鍵。
ドアの前まで行って、ショルダーバッグのポケットを探ると...
「ない」

まさかと思って、物陰に隠れてバッグの中のものをすべて出してひっくり返してみたけど、やっぱり
「ない」

本当に
ガーン
という文字が頭上に現れました。

少し冷静になって考えたら、バックドアの鍵を持っていたので、裏口から入ることはできました。
でもフロントドアが...。

フロントドアの鍵は、合鍵を作っていませんでした。
作らないと、作らないと、作らないと...と思いながら、半年経ってしまったのでした。
私がバカでした。

このままずっと裏口からだけ出入りするわけにはいかないし、ここを引き払うときにはいずれ鍵を渡さなければならない。というか、契約では半年前に合鍵を不動産屋に渡さなければならなかったのだけど、向こうも忘れているようなので放置していました。
裏口を使えるし、盗まれた可能性は低いから緊急ではないけれど、でもどうしよう。。。。

フロントドアのロックを付け替えなければならない。
そうすると、最低300ドル(3万円)はかかってしまう...。
これは痛い...!

この3日間ほど、ブログも手に付かず、仕事も上の空でした。
頭の中は「鍵」「鍵」「鍵」ばかりです。

落とした可能性のある場所(歯医者、店、バスストップなど)に行って確認したり、自宅フラットの管理人に連絡したり、ありとあらゆることをしました。一番可能性が高いのは自宅のフラットの前だと思ったので(家の鍵をバッグから出そうとして落とした?)フラットの管理人には特に「見つかったら知らせて欲しい」としつこく頼んでおきました。
自宅でも服のポケットやら、別のバッグやら、そのほか部屋のあちらこちらを探しまくったけどありません。

「鍵さえあれば、今の私には何もいらない」
という気持ちでした。
就寝中めったに夢を見ないのに、鍵の夢を見てうなされました。



そして昨晩、料理をしようと冷蔵庫を開けてネギを取り出したら
「チャラーン」と何かが床に落ちました。

それは

でした!

なぜネギの中から鍵!?
なぜ冷蔵庫の中から鍵!?
謎です。

可能性を考えてみました。
最後に鍵を閉めた日、仕事帰りに食料品店でネギを買ったのですが、そのときにバッグから小銭を取り出そうそして財布といっしょに鍵をくっつけて出してしまって、ネギの袋を受け取ったときにそこに落としてそのまま持って帰って冷蔵庫に入れてしまった...ということでしょう。おそらく。

しかし出てきてよかった...。
これは「今するべきことを明日に延ばしてはいけない」
という教訓でしょう。
神が私に試練を与えて警告したのでしょう...などといきなり神様まで登場させて考えてしまいました。

早速合鍵を作りに行きます!






スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

よかったですね。

Notenkiさん
よかったですね、本当に。
この出費は痛いです。
私もよく、こんな失せ物します。

私も今日できることは、今日のうちにやってしまいますね。
ありがとうございます。

Kimさん

さんざん悩んだあげくにネギから鍵が...。なんだか神様におちょくられた気分です。
日ごろのずぼらを反省させられました。

どこから出てきたのかと思ったら、ねぎですかっ!全く想像がつかないところですね(^^)でもねぎを取り出したときで良かったですね。料理の中に入っちゃってたら…と考えれば、不幸中の幸いでしょうか?!笑

junnさん

なんでネギから?ってすごく不思議だったけど、料理の中から出てきたらもっと不思議だったでしょう。
とにかく出てきてよかったです。
Notenkiのプロフィール
南半球の果て、オーストラリアのシドニーでサバイバル暦20年。 毎日怒ったり笑ったりしながらも脳天気に暮らしています。 一応♀で独身です。(だから?)

Notenki

Author:Notenki
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。